「信州飯田名物大募集!!」

受 賞 作 品 発 表

最優秀賞
II-CUP(ヌーベル飯田丼)
考案者:片町 元彦さん (星野屋)


南信州の肉と野菜を新感覚の丼(カップ)で表現


<材料>
・遠山産地鶏 ・鹿肉 ・二度芋 ・味噌 ・キャベツ

<レシピ>
女性や子供の方が安心して食べていただけるよう、ヘルシーでジューシーな丼を作ります。
煮込む、焼く、揚げる、蒸す、に少量の肉とたっぷりの野菜で食べていただく。アクセントは二度芋のフライポテト。
塩コショウで食べる三種のソースで様々な味を表現します。


飯田市長賞

結の柿
考案者:中塚 敏行さん ((有)葵)

郷土料理と伝統の味を踏まえ、古都、結の町で思い出す南信州の風土を生かした忘れえぬ市田の柿。調理人の巧みの技によって生まれたちょっと贅沢でお洒落なおもてなしの一品

<材料>
・柿(市田柿) ・酒 ・チーズ ・こうせん ・くるみ

<レシピ>
①干し柿(市田柿)の種をはずし観音開きにする。
②果肉は酒漬けにする。
③他の材料、チーズ、こうせん、くるみ等を重ね巻きにし味・形を整える。
④最後に元の柿の姿に戻す。


飯田商工会議所会頭賞

飯田ご膳
考案者:蜂谷 節子さん (はづき)

南信州は山芋、野菜が四季を通じて豊富と同時に、山野菜が美味しい。それらを使ってこのご膳で。今の旬の信州を丸ごとこのご膳で!


<材料>
・・・下記の通り

<レシピ>
①馬刺し 
②煮もの(凍豆腐・山芋煮・ぜんまい煮・うの花煮・いり鳥) 
③季節の天ぷら(たらの芽・ふき頭・つくし・よもぎ 他) 
④酢の物・和え物・珍味盛りコーナー 
⑤五平餅または古代米入りごはん


飯田商工会議所女性会長賞

南信州豚の塩豚カツ
考案者:岩間 康成さん(ウィルフル・ヤズ)


          南信州豚を使用


<材料>
・南信州豚 ・塩 ・胡椒 ・小麦粉 ・パン粉 ・岩塩 ・からし 
・味噌

<レシピ>
いたってシンプルに南信州豚(ロース、バラ、ヒレなど)のお好みの部位を、塩・胡椒で下味し、仕上げに岩塩を使用して、豚カツにする。


審査員特別賞

こいこいてまり
考案者:原 祐一さん

  飯田名物の鯉をおいしく食べる工夫をしました。
   名物の小梅のかりかり漬けも使用しました


<材料>
・すし飯 ・鯉切り身 ・昆布 ・小梅 ・ゴマ ・大葉 ・醤油 ・味りん ・砂糖 ・鯉のアラダシ ・生姜
<レシピ>
①鯉の切り身を昆布〆にして一時間以上寝かせる。
②鯉のアラダシに、醤油・味りん・砂糖・生姜を加え、とろみが出るまで煮詰める。
③すし飯を4等分し、ひとつは小梅を刻んだもの、もうひとつはゴマをまぜ、直径3cmに丸める。
④鯉の昆布〆を丸めたすし飯にのせ、にぎる。
⑤ゴマを混ぜたすしに、大葉を巻く。 
⑥すしのひとつに、②のタレを塗る。 
⑦すしを盛り付け、ガリを添える。


優秀賞

粉豆腐の茶碗蒸し
考案者:佐々木 亨さん

粉豆腐は飯田の郷土料理であり、根付いた一年中食べられる食材です。茶碗蒸しにすれば幅広い年代にも受け入れられ、栄養あり、安くておいしい酒のつまみにもなると思います

<材料>
・粉豆腐 ・やまびこほんしめじ ・南信州ポーク ・天竜小梅 ・卵 ・だし汁 ・水溶き片栗粉

<レシピ>
豚肉をいため、だしを加え味を調える。粉豆腐を入れ煮含めた後、しめじを入れる。器に出来上がった粉豆腐を入れ茶碗蒸しの地を加え蒸し器で蒸す。出来上がった茶碗蒸しに銀餡をはり、天竜小梅を散らして出来上がり。


優秀賞

みそ豚グリル
考案者:富樫 佳史さん(オークカフェ)

りんご並木に代表されるりんごと、全国の人が美味しいという信州味噌、そして近年ブランド化された豚、この三つを融合させました。相性は最高です

<材料>
・豚ロース ・味噌 ・りんご ・野菜 ・調味料

<レシピ>
①マリネ用の味噌を作る。 
②豚ロースを①でマリネする
③焼く
④りんごサラダをつくる 
⑤盛り付ける